[連続増配13年]ホーム・デポ:HDの配当,株価,今後の見通し

銘柄分析
スポンサーリンク

  

HDに<br>興味あり
HDに
興味あり

米国のホーム・デポ(HD)は配当金をどれくらいもらえるの?

株価は?業績は?詳しく知りたい!

  

しげぞう
しげぞう

こんな疑問にお答えする為、本記事ではホーム・デポ(HD)について銘柄分析を行いました

  

ホーム・デポ(HD)はアメリカに拠点を持つ、世界最大の住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーンです。

  

配当金による株主還元にも積極的で、連続増配は13年に渡ります。

   

この記事でわかること
  • ホーム・デポの配当金情報(利回り、増配率、配当性向)
  • ホーム・デポってどんな会社?(基本情報、株価(現状・S&P500との比較・高配当ETFとの比較)、事業内容、業績)
  • ホーム・デポの今後の見通し

  

私は2019年から米国株投資を実践しているブロガーです。

愛する米国高配当株(個別株+ETF)をメインに資産運用、キャッシュフローの改善中です。

   

同じ一般消費財セクターの「ロウズ・カンパニーズ」、「マクドナルド」を含むその他のおすすめ米国高配当銘柄(個別株+ETF)は以下の記事にまとめています

  

結論:[連続増配13年]ホーム・デポ:HDの配当,株価,今後の見通し

まず最初に本記事でわかる結論からご紹介します。

結論

<ホーム・デポの配当金情報>

  • 利回りは約1.5%~3%の水準で推移
  • 増配率は変動が大きいが、直近で平均して約20%の高い水準
  • 配当性向は約40~50%程度で安定

<ホーム・デポってどんな会社?>

  • 世界最大の住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーン
  • コロナショック前の株価は更新しているが、直近の株価は下落傾向
  • トータルリターンは長期のS&P500、直近の高配当ETFを上回る

<ホーム・デポの今後の見通し>

  • 米国における中古住宅のリフォーム需要の根強さを背景に、今後も継続した成長に期待

  

ホーム・デポは米国ジョージア州に本社を置く世界最大の住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーンです。

高い増配率、S&P500、高配当ETFを上回る高いトータルリターンが魅力です。

  

ではこれ以降は、上記結論に対する詳細内容をご紹介します。

  

ホーム・デポ:HDの配当金情報

それでは早速、配当金に関する情報からご紹介します。

ここでは、

  • 配当利回りの推移
  • 配当額の推移
  • 年増配率の推移
  • 配当性向の推移

についてご紹介します。

  

HDの配当利回りの推移

ホーム・デポ(HD)の2010年以降における年間配当利回りの推移です。

※年間配当利回り = 年間配当金 ÷ 年末株価 で計算しています

  

ホームデポ(HD)の年間配当利回りの推移

  

ポイント
  • 配当利回りは約1.5%~3%の間で推移

  

HDの配当額の推移

ホーム・デポ(HD)の2010年以降における配当額の数値及び推移です。

  

ホームデポ(HD)の配当金の推移

  

ポイント
  • 全体的に右肩上がりで順調に増加傾向

  

HDの増配率の推移

ホーム・デポ(HD)の2011年以降における年間増配率の数値及び推移です。

  

ホームデポ(HD)の年増配率の推移

  

ポイント
  • 年毎の変動は大きいが、上記平均約20%の高い水準を確保

  

HDの配当性向の推移

ホーム・デポ(HD)の2010年以降における年間配当性向の数値及び推移です。

※配当性向 = 年度毎の(1株当たり配当金÷1株当たり調整後希薄化EPS)×100 で計算

 

ホームデポ(HD)の年間配当性向の推移

  

ポイント
  • 約40~50%前後で安定し、配当余力を確保

  

HDに<br>興味あり
HDに
興味あり

増配率が高くて魅力的だね!

どんな会社なの?

  

しげぞう
しげぞう

では企業情報、株価についてご紹介します

  

ホーム・デポ:HDってどんな会社?

ここでは

  • 基本的な情報
  • 株価
  • S&P500とのトータルリターンの比較
  • 高配当ETFとのトータルリターンの比較
  • 事業内容
  • 業績

についてご紹介します。

  

HDの基本情報

ホーム・デポ(HD)の基本的な情報です。

   

ティッカー(正式名称)  HD(ホーム・デポ)
本社所在地米国ジョージア州アトランタ
設立日1978年
従業員数約49万人
セクター一般消費財
配当時期(支払い月)年4回(3/6/9/12月)
株価300.95 ドル
配当利回り2.53 %
連続増配年数13年
採用指数NYダウ、S&P500
                           ※2022.7.31時点

ホーム・デポは一般消費財セクターの大型銘柄です。

連続増配年数は13年にわたります。

  

HDの株価

ホーム・デポ(HD)の日足リアルタイムチャートです。

※チャートを操作することで表示期間等の変更も可能です。

  

  

ポイント
  • コロナショック前の株価は更新しているが、直近の株価は下落傾向

  

HDとS&P500とのトータルリターンの比較

ホーム・デポ(HD)と、S&P500に連動するETFであるSPYとを比較しました。

2001年以降から2022年7月末までの期間で、配当再投資込みでの比較です。

  

ホーム・デポ(HD)とSPY(S&P500)とのトータルリターン比較

  

ポイント
  • 長期におけるトータルリターンで市場平均のS&P500を上回る

  

HDと高配当ETFとのトータルリターンの比較

ホーム・デポ(HD)と、高配当ETFであるVYM、SPYDとを比較しました。

SPYDが設定された’15年以降の比較です。

  

ホーム・デポ(HD)とVYMとSPYDとのトータルリターン比較(過去5年)

  

ポイント
  • 高配当ETFのVYM、SPYDに対しトータルリターンで上回る

  

HDに興味あり
HDに興味あり

S&P500、高配当ETFよりいいリターンなんだね!!

どんな事業をしている会社なの?

  

しげぞう
しげぞう

では事業内容、業績についてご紹介します。

  

HDの主な事業内容

ホーム・デポ(HD)の主力商品、サービスは以下の通りです。

  

ホーム・デポの主力商品、サービス
  • 住宅リフォーム
  • 建設資材、ホームセンター製品小売り

ホーム・デポは日本でいうホームセンターのような業態です。

コロナ渦においてアメリカでの新築住宅を含む住宅改修需要、DIY需要が拡大した恩恵を受けています。

  

現在、米国、カナダ、メキシコを中心に約2300店舗を運営しています。

    

HDの業績(売上高、営業利益、営業利益率)

ホーム・デポ(HD)の業績の推移は以下の通りです。

   

ホーム・デポ(HD)の業績の推移

  

ポイント
  • 売上高、営業利益共に右肩上がりで推移

   

HDのEPS(1株当たり利益)

ホーム・デポ(HD)のEPSの推移は以下の通りです。

※EPS = 調整後希薄化EPS を使用

  

ホーム・デポ(HD)の調整後希薄化EPSの推移

  

ポイント
  • 全体的に右肩上がりで順調に推移

  

<br>HDに<br>興味あり

HDに
興味あり

業績は順調に増加してるしいい感じだね!!

今後はどうなるのかな?

  

しげぞう
しげぞう

では今後の見通しについて紹介します

  

ホーム・デポ:HDの今後の見通し

ホーム・デポは主に以下の理由から、今後も成長が期待できると考えられます。

  • 米国では住宅は新築ではなく、中古で購入しリフォームすることが一般的

日本では一軒家となると新築が一般的ですが、米国では中古住宅を購入し、リフォームすることが一般的です。

こういった考え方から、リフォームの需要が今後も継続して確保されると予想されます。

  

ただし、

  • 木材価格の高騰による住宅価格への影響
  • 今後コロナ渦の自粛終了、生活様式が戻ることによる支出用途の変化(住環境にかけるお金を旅行や娯楽サービスなどへ)
  • 今後金利が上昇することで住宅ローン上昇→住宅需要の減少懸念

こういった懸念もあることをしっかりと認識する必要があります。

    

まとめ

本記事では、

  • ホーム・デポの配当金情報(利回り、増配率、配当性向)
  • ホーム・デポってどんな会社?(基本情報、株価(現状・S&P500との比較・高配当ETFとの比較)、事業内容、業績)
  • ホーム・デポの今後の見通し

について解説しました。

  

まとめ

<ホーム・デポの配当金情報>

  • 利回りは約1.5%~3%の水準で推移
  • 増配率は変動が大きいが、直近で平均して約20%の高い水準
  • 配当性向は約40~50%程度で安定

<ホーム・デポってどんな会社?>

  • 世界最大の住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーン
  • コロナショック前の株価は更新しているが、直近の株価は下落傾向
  • トータルリターンは長期のS&P500、直近の高配当ETFを上回る

<ホーム・デポの今後の見通し>

  • 米国における中古住宅のリフォーム需要の根強さを背景に、今後も継続した成長に期待

米国では住宅は中古で購入しリフォームすることが一般的で、リフォームの需要が今後も継続して確保されると予想されます。

しかし木材価格の高騰等、不安要素もあるためしっかりと見極めることが必要です。

      

皆さんの投資目的に合った銘柄選定に、少しでも参考になれば嬉しいです。

  

しげぞう
しげぞう

最後までご覧頂きありがとうございました!

   

同じ一般消費財セクターの「ロウズ・カンパニーズ」、「マクドナルド」を含むその他のおすすめ米国高配当銘柄(個別株+ETF)は以下の記事にまとめています

  

しげぞうのツイッターを覗いてみる

  

コメント

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

タイトルとURLをコピーしました