[連続増配61年]コカ・コーラ:KOの配当,株価,銘柄分析と今後の見通し

配当王

  

コカ・コーラに<br>興味あり
コカ・コーラに
興味あり

米国のコカ・コーラ(KO)は配当金をどれくらいもらえるの?

株価は?業績は?詳しく知りたい!

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

こんな疑問にお答えする為、本記事ではコカ・コーラ(KO)について銘柄分析を行いました

コカ・コーラは米国に拠点を持つ世界最大の飲料水メーカーです。

日本でも知らない方はいないんじゃないかと言えるほど、有名ですね。

  

実は米国のコカ・コーラは連続増配61年で、配当王という50年以上連続増配を続ける銘柄の一つに数えられています。

   

この記事でわかること
  • コカ・コーラの配当金情報(利回り、増配率、配当性向)
  • コカ・コーラの株価情報(現状・S&P500との比較・高配当ETFとの比較・連続増配ETFとの比較)
  • コカ・コーラの銘柄分析(基本情報、事業内容、業績)
  • コカ・コーラの今後の見通し

  

私は2019年から米国株投資を実践しているブロガーです。

愛する米国連続増配・高配当株をメインに資産運用中です。

  

スポンサーリンク

結論:[連続増配61年]コカ・コーラ:KOの配当,株価,今後の見通し

まず最初に本記事でわかる結論からご紹介します。

結論

<コカ・コーラの配当金情報

  • 配当利回り:約2.5%~3.5%の水準で安定して推移
  • 増配率:近年やや下落傾向
  • 配当性向:50~80%の水準で推移

コカ・コーラ株価情報

  • 株価:コロナショックからは順調に回復するが、’22年頃からは横ばい~やや下落傾向
  • トータルリターン:S&P500、高配当ETFのVYMを下回り、SPYD、VIGとほぼ同等

コカ・コーラ銘柄分析

  • 事業:世界最大の飲料水メーカー
  • 業績:売上高はやや減少傾向、営業利益は横ばい~やや増加傾向移だが、高収益

コカ・コーラの今後の見通し

  • 今後も世界の飲料市場の成長、圧倒的なブランド力により今後も緩やかながらも継続した成長に期待

コカ・コーラは米国ジョージア州に本社を置く世界最大の飲料水メーカーです。

日本でもなじみがあり、コーラだけではなく清涼飲料水、コーヒー、お茶等、身の回りの飲料水の多くがコカ・コーラブランドの製品です。

またなんといっても、61年もの長期にわたり連続増配を続けていることが魅力です。

  

ではこれ以降は、上記結論に対する詳細内容をご紹介します。

  

コカ・コーラ:KOの配当金情報

それでは早速、配当金に関する情報からご紹介します。

ここでは、

  • 配当利回りの推移
  • 配当額の推移
  • 年増配率の推移
  • 配当性向の推移

についてご紹介します。

  

KOの配当利回りの推移

コカ・コーラ(KO)の2010年以降における年間配当利回りの推移です。

※年間配当利回り = 年間配当金 ÷ 年末株価 で計算しています

コカ・コーラ(KO)の年間配当利回りの推移

  

ポイント
  • 配当利回りは2.5%~3.5%の水準で安定して推移

  

KOの配当額の推移

コカ・コーラ(KO)の2010年以降における配当額の数値及び推移です。

コカ・コーラ(KO)の配当金の推移

  

ポイント
  • 配当額は安定して右肩上がりで順調に増加傾向だが、近年ペースは鈍化傾向

  

KOの増配率の推移

コカ・コーラ(KO)の2011年以降における年間増配率の数値及び推移です。

コカ・コーラ(KO)の年増配率の推移

  

ポイント
  • 増配率は近年やや下落傾向

  

KOの配当性向の推移

コカ・コーラ(KO)の2010年以降における年間配当性向の数値及び推移です。

※配当性向 = 年度毎の(1株当たり配当金÷1株当たり調整後希薄化EPS)×100 で計算

コカ・コーラ(KO)の年間配当性向の推移

  

ポイント
  • 配当性向は約50~80%程度の水準で推移

  

コカ・コーラに<br>興味あり
コカ・コーラに
興味あり

利回りは安定してるけど、増配率は下がってきてるね。。

どんな会社なの?

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

では企業情報、株価についてご紹介します

  

コカ・コーラ:KOの株価情報

ここでは

  • 株価
  • S&P500とのトータルリターンの比較
  • 高配当ETFとのトータルリターンの比較
  • 連続増配ETFとのトータルリターンの比較

についてご紹介します。

  

KOの株価

コカ・コーラ(KO)の週足リアルタイムチャートです。

※チャートを操作することで表示期間等の変更も可能です。

  

ポイント
  • コロナショックからは順調に回復するが、’22年頃からは横ばい~やや下落傾向

  

KOとS&P500とのトータルリターンの比較

コカ・コーラ(KO)と、S&P500に連動するETFであるSPYとを比較しました。

2001年以降から2023年9月末までの期間で、配当再投資込みでの比較です。

コカ・コーラ(KO)とSPY(S&P500)とのトータルリターン比較

  

ポイント
  • 市場平均のS&P500に連動したSPYに対してトータルリターンで下回る

  

KOと高配当ETFとのトータルリターンの比較

コカ・コーラ(KO)と、高配当ETFであるVYMSPYDとを比較しました。

SPYDが設定された’15年以降の比較です。

  

コカ・コーラ(KO)とVYMとSPYDとのトータルリターン比較

  

ポイント
  • 高配当ETFのVYMを下回り、SPYDとほぼ同等

  

  

KOと連続増配ETFとのトータルリターンの比較

コカ・コーラ(KO)と、連続増配ETFであるVIGとを比較しました。

VIGが設定された’06年以降からの比較です。

メドトロニック(MDT)とVIGとのトータルリターン比較

  

ポイント
  • 連続増配ETFのVIGに対しトータルリターンでほぼ同等

  

コカ・コーラに興味あり
コカ・コーラに興味あり

S&P500、高配当ETFよりトータルリターンは悪いんだね。。。

どんな事業をしている会社なの?

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

では事業内容、業績についてご紹介します。

  

コカ・コーラ:KOの銘柄分析

ここでは

  • 基本的な情報
  • 事業内容
  • 業績

についてご紹介します。

  

KOの基本情報

コカ・コーラ(KO)の基本的な情報です。

ティッカー(正式名称)  KO(コカ・コーラ)
本社所在地米国ジョージア州アトランタ
設立日1892年
従業員数約8万人
セクター生活必需品
配当時期(支払い月)年4回(4/7/10/12月)
株価54.57 ドル
配当利回り3.38 %
連続増配年数61年
採用指数NYダウ、S&P500
                           ※2023.10.22時点

コカ・コーラは生活必需品セクターの大型銘柄です。

連続増配年数は61年にわたります。

またNYダウ、S&P500に採用されている米国を代表する企業です。

  

KOの主な事業内容

コカ・コーラ(KO)の主力商品は以下の通りです。

コカ・コーラの主力商品
  • 炭酸飲料水

   コカ・コーラ、スプライト等

  • 清涼飲料水

   アクエリアス等

  • コーヒー、お茶、その他

   ジョージア、爽健美茶、ミニッツメイド等

「コカ・コーラ」として知られていますが、実はコーラに限らず、清涼飲料水、コーヒー、お茶等、日本でも身の回りの飲料水の多くがコカ・コーラブランドの製品です。

  

有名な商品ばかりで、これだけ生活に入り込んだ商品展開をすることで、安定した収益を確保することが出来ています。

   

  

KOの業績(売上高、営業利益、営業利益率)

コカ・コーラ(KO)の業績の推移は以下の通りです。

コカ・コーラ(KO)の業績の推移

  

ポイント
  • 売上高はやや減少傾向、営業利益は横ばい~やや増加傾向移
  • 営業利益率は約20~30%程度の水準で高収益

   

KOのEPS(1株当たり利益)

コカ・コーラ(KO)のEPSの推移は以下の通りです。

※EPS = 調整後希薄化EPS を使用

コカ・コーラ(KO)の調整後希薄化EPSの推移

  

ポイント
  • 横ばいの傾向だが、直近で増加

  

KOのキャッシュフロー(営業CF、フリーCF、営業CFマージン)

コカ・コーラ(KO)のキャッシュフローの推移は以下の通りです。

※営業CFマージン = 営業CF ÷ 売上高

コカ・コーラ(KO)のキャッシュフローの推移

  

ポイント
  • 営業キャッシュフロー、フリーキャッシュフローはやや増加傾向
  • 営業CFマージンは20%を超え、高収益

  

コカ・コーラに<br>興味あり
コカ・コーラに
興味あり

収益性は高いんだね!!

今後はどうなるのかな?

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

では今後の見通しについて紹介します

  

コカ・コーラ:KOの今後の見通し

コカ・コーラ(KO)は主に以下の理由から、今後も緩やかながらも継続して成長が期待できると考えられます。

  • 米国の飲料市場は今後も成長見込み
  • ソフトドリンク市場における圧倒的なブランド力

下のグラフのように、世界のソフトドリンク飲料市場は今後も継続して成長することが予測されています。

生活必需品ですので、世界の人口増加に伴った市場拡大が期待できます。

  

さらに、そのソフトドリンク市場の中でコカ・コーラ社は圧倒的なブランド力を誇っています。 

  

引用元:maximize market research

  

まとめ

本記事では、

  • コカ・コーラの配当金情報(利回り、増配率、配当性向)
  • コカ・コーラの株価情報(現状・S&P500との比較・高配当ETFとの比較・連続増配ETFとの比較)
  • コカ・コーラの銘柄分析(基本情報、事業内容、業績)
  • コカ・コーラの今後の見通し

について解説しました。

結論

<コカ・コーラの配当金情報

  • 配当利回り:約2.5%~3.5%の水準で安定して推移
  • 増配率:近年やや下落傾向
  • 配当性向:50~80%の水準で推移

コカ・コーラ株価情報

  • 株価:コロナショックからは順調に回復するが、’22年頃からは横ばい~やや下落傾向
  • トータルリターン:S&P500、高配当ETFのVYMを下回り、SPYD、VIGとほぼ同等

コカ・コーラ銘柄分析

  • 事業:世界最大の飲料水メーカー
  • 業績:売上高はやや減少傾向、営業利益は横ばい~やや増加傾向移だが、高収益

コカ・コーラの今後の見通し

  • 今後も世界の飲料市場の成長、圧倒的なブランド力により今後も緩やかながらも継続した成長に期待

コカ・コーラは米国ジョージア州に本社を置く世界最大の飲料水メーカーです。

日本でもなじみがあり、コーラだけではなく清涼飲料水、コーヒー、お茶等、身の回りの飲料水の多くがコカ・コーラブランドの製品です。

またなんといっても、61年もの長期にわたり連続増配を続けていることが魅力です。

  

皆さんの投資目的に合った銘柄選定に、少しでも参考になれば嬉しいです。

  

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

最後までご覧頂きありがとうございました!

さらに深く、様々な米国株の銘柄分析、情報収集、銘柄の管理をするなら、米国株アプリの活用が効果的です。

   

また、配当王、配当貴族といった米国の連続増配銘柄を以下の記事でまとめていますので良ければ参考にしてみてください。

同じ生活必需品セクターの「プロクター・アンド・ギャンブル」、「フィリップ モリス インターナショナル」、「アルトリア・グループ」、「ウォルマート」、「コストコホールセール」、「ペプシコ」も紹介しています。

  

ツイッターを覗いてみる

  

コメント

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

タイトルとURLをコピーしました