[連続増配29年]キャタピラー:CATの配当,株価,今後の見通し

銘柄分析
スポンサーリンク

  

CATに<br>興味あり
CATに
興味あり

米国のキャタピラー(CAT)は配当金をどれくらいもらえるの?

株価は?業績は?詳しく知りたい!

  

しげぞう
しげぞう

こんな疑問にお答えする為、本記事ではキャタピラー(CAT)について銘柄分析を行いました

  

キャタピラー(CAT)はアメリカに拠点を持つ、建設機械シェアで世界一の大型企業です。

配当金による株主還元にも積極的で、連続増配は29年に渡ります。

   

この記事でわかること
  • キャタピラーの配当金情報(利回り、増配率、配当性向)
  • キャタピラーってどんな会社?(基本情報、株価(現状・S&P500との比較・高配当ETFとの比較)、事業内容、業績)
  • キャタピラーの今後の見通し

  

私は2019年から米国株投資を実践しているブロガーです。

愛する米国連続増配・高配当株をメインに資産運用中です。

   

配当王、配当貴族といった米国の連続増配銘柄を以下の記事でまとめています。

同じ資本財セクターの「スリーエム(MMM)」も紹介しています。

  

スポンサーリンク

結論:[連続増配29年]キャタピラー:CATの配当,株価,今後の見通し

まず最初に本記事でわかる結論からご紹介します。

結論

<キャタピラーの配当金情報>

  • 利回りは約2%~4.5%の水準で推移
  • 増配率は変動が大きいが、直近で平均して約9%の高い水準
  • 配当性向は年毎のばらつきが大きい

<キャタピラーってどんな会社?>

  • 建設機械の世界シェアNo.1企業
  • コロナショック前の株価は更新しているが、直近の株価は下落傾向
  • トータルリターンは長期のS&P500、直近の高配当ETFを上回る

<キャタピラーの今後の見通し>

  • バイデン政権が掲げる巨額のインフラ投資を追い風に今後も成長に期待

キャタピラーは米国イリノイ州に本社を置く、建設機械シェアで世界一の大型企業です。

高い増配率、S&P500、高配当ETFを上回る高いトータルリターンが魅力です。

  

ではこれ以降は、上記結論に対する詳細内容をご紹介します。

  

キャタピラー:CATの配当金情報

それでは早速、配当金に関する情報からご紹介します。

ここでは、

  • 配当利回りの推移
  • 配当額の推移
  • 年増配率の推移
  • 配当性向の推移

についてご紹介します。

  

CATの配当利回りの推移

キャタピラー(CAT)の2010年以降における年間配当利回りの推移です。

※年間配当利回り = 年間配当金 ÷ 年末株価 で計算しています

  

キャタピラー(CAT)の年間配当利回りの推移

  

ポイント
  • 配当利回りは約2.0%~4.5%の間で推移

  

CATの配当額の推移

キャタピラー(CAT)の2010年以降における配当額の数値及び推移です。

  

キャタピラー(CAT)の配当金の推移

  

ポイント
  • 基本は右肩上がり
  • 時々増加が鈍化するタイミングあり(’16年~’18年頃等)

増加が鈍化するタイミングは、四半期ごとの増配は止め、ぎりぎりまで配当を増やさない処置を行っています。

しかし一年間で見ると連続増配年数が継続するようにしっかり増配は実施しています。

  

CATの増配率の推移

キャタピラー(CAT)の2011年以降における年間増配率の数値及び推移です。

  

キャタピラー(CAT)の年増配率の推移

  

ポイント
  • 年毎の変動は大きいが、上記平均約9%の高い水準を確保

  

CATの配当性向の推移

キャタピラー(CAT)の2010年以降における年間配当性向の数値及び推移です。

※配当性向 = 年度毎の(1株当たり配当金÷1株当たり調整後希薄化EPS)×100 で計算

 

キャタピラー(CAT)の年間配当性向の推移

  

ポイント
  • 年毎のばらつき大

  

CATに<br>興味あり
CATに
興味あり

増配率はばらつきはあるけど高くて魅力的だね!

どんな会社なの?

  

しげぞう
しげぞう

では企業情報、株価についてご紹介します

  

キャタピラー:CATってどんな会社?

ここでは

  • 基本的な情報
  • 株価
  • S&P500とのトータルリターンの比較
  • 高配当ETFとのトータルリターンの比較
  • 事業内容
  • 業績

についてご紹介します。

  

CATの基本情報

キャタピラー(CAT)の基本的な情報です。

   

ティッカー(正式名称)  CAT(キャタピラー)
本社所在地米国イリノイ州ピオリア
設立日1925年
従業員数約10.7万人
セクター資本財
配当時期(支払い月)年4回(2/5/8/11月)
株価179.76 ドル
配当利回り2.69 %
連続増配年数29年
採用指数NYダウ・S&P500
                           ※2022.10.11時点

キャタピラー(CAT)はアメリカに拠点を持つ、建設機械シェアで世界一の大型企業です。

1991年から、アメリカを代表する企業で構成されるNYダウの構成銘柄に名を連ねています。

  

また配当利回りの数値は高くありませんが、連続増配年数は29年と長期に渡る実績を持っています。

  

CATの株価

キャタピラー(CAT)の週足リアルタイムチャートです。

※チャートを操作することで表示期間等の変更も可能です。

  

  

ポイント
  • コロナショック前の株価は更新しているが、直近の株価は下落傾向

  

CATとS&P500とのトータルリターンの比較

キャタピラー(CAT)と、S&P500に連動するETFであるSPYとを比較しました。

2001年以降から2022年9月末までの期間で、配当再投資込みでの比較です。

  

キャタピラー(CAT)とSPY(S&P500)とのトータルリターン比較

  

ポイント
  • 長期におけるトータルリターンで市場平均のS&P500を上回る

  

CATと高配当ETFとのトータルリターンの比較

キャタピラー(CAT)と、高配当ETFであるVYM、SPYDとを比較しました。

SPYDが設定された’15年以降の比較です。

  

キャタピラー(CAT)とVYMとSPYDとのトータルリターン比較(過去5年)

  

ポイント
  • 高配当ETFのVYM、SPYDに対しトータルリターンで上回る

  

CATに興味あり
CATに興味あり

S&P500、高配当ETFよりいいリターンなんだね!!

どんな事業をしている会社なの?

  

しげぞう
しげぞう

では事業内容、業績についてご紹介します。

  

CATの主な事業内容

キャタピラー(CAT)の主力商品は以下の通りです。

  

キャタピラー(CAT)の主力商品
  • 建設機械

   油圧ショベル、ブルドーザー、ダンプカー等

  • エンジンの開発、生産、販売

   ディーゼル及び天然ガスエンジン、産業用ガスタービンエンジン

キャタピラー(CAT)は、アメリカに拠点を置く多国籍企業です。

日本でも働く建設機械のイメージが強いですが、各種エンジンの開発、生産、販売も手掛けています。(一部金融事業も実施)

  

また創業初期から現在に至るまで世界シェアが不動の1位のため、建設機械の巨人と称されています。

  

CATの業績(売上高、営業利益、営業利益率)

キャタピラー(CAT)の業績の推移は以下の通りです。

   

キャタピラー(CAT)の業績の推移

  

ポイント
  • 基本的には右肩上がりの傾向だが、’20年に売り上げ、利益共に減少
  • ’20年の利益減少の要因は、コロナショックによる各企業の設備投資引き締めの影響

   

CATのEPS(1株当たり利益)

キャタピラー(CAT)のEPSの推移は以下の通りです。

※EPS = 調整後希薄化EPS を使用

  

キャタピラー(CAT)の調整後希薄化EPSの推移

  

ポイント
  • 年毎のばらつき大

  

CATに興味あり
CATに興味あり

S&P500や高配当ETFよりトータルリターンがいいんだね!!

今後はどうなるのかな?

  

しげぞう
しげぞう

では今後の見通しについて紹介します

  

キャタピラー:CATの今後の見通し

キャタピラー(CAT)は主に以下の理由から、今後も成長が期待できると考えられます。

  • パンデミックによる企業の設備投資引き締めは今後緩和する見込み
  • 国では今後もインフラに対する投資を増加させる計画

  

特にバイデン大統領の掲げる成長戦略の一つである、総額1兆ドル規模を拠出するインフラ投資計画法案は、キャタピラーの成長を後押しすると考えられます。

ただし、資本財セクターの銘柄は景気敏感株にあたる為、景気動向には特に注意が必要です。

    

まとめ

本記事では、

  • キャタピラーの配当金情報(利回り、増配率、配当性向)
  • キャタピラーってどんな会社?(基本情報、株価(現状・S&P500との比較・高配当ETFとの比較)、事業内容、業績)
  • キャタピラーの今後の見通し

について解説しました。

  

まとめ

<キャタピラーの配当金情報>

  • 利回りは約2%~4.5%の水準で推移
  • 増配率は変動が大きいが、直近で平均して約9%の高い水準
  • 配当性向は年毎のばらつきが大きい

<キャタピラーってどんな会社?>

  • 建設機械の世界シェアNo.1企業
  • コロナショック前の株価は更新しているが、直近の株価は下落傾向
  • トータルリターンは長期のS&P500、直近の高配当ETFを上回る

<キャタピラーの今後の見通し>

  • バイデン政権が掲げる巨額のインフラ投資を追い風に今後も成長に期待

キャタピラー(CAT)はアメリカに拠点を持つ、建設機械シェアで世界一の大型企業です。

平均増配率も高く、かつ29年連続増配を続ける配当還元意識が高い企業です。

  

今後もバイデン政権が掲げる巨額のインフラ投資を追い風に、継続した成長が期待できると考えられます。

しかし資本財セクターは景気に敏感な株の為、景気動向には特に注意が必要です。

     

皆さんの投資目的に合った銘柄選定に、少しでも参考になれば嬉しいです。

  

しげぞう
しげぞう

建設機械は息子(3歳)の大好物なので応援してます!

   

配当王、配当貴族といった米国の連続増配銘柄を以下の記事でまとめています。

同じ資本財セクターの「スリーエム(MMM)」も紹介しています。

  

しげぞうのツイッターを覗いてみる

  

コメント

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

タイトルとURLをコピーしました