[連続増配17年]ユニオン・パシフィック:UNPの配当,株価,銘柄分析と今後の見通し

配当貴族候補
UNPに<br>興味あり
UNPに
興味あり

米国のユニオン・パシフィック(UNP)は配当金をどれくらいもらえるの?

株価は?業績は?詳しく知りたい!

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

こんな疑問にお答えする為、本記事ではユニオン・パシフィック(UNP)について銘柄分析を行いました

ユニオン・パシフィック(UNP)は、アメリカ最大の鉄道会社です。

鉄道会社といっても運ぶのは人ではなくモノです。

株主還元にも積極的で、連続増配年数17年の記録を持っています。

この記事でわかること
  • ユニオン・パシフィックの配当金情報(利回り、増配率、配当性向)
  • ユニオン・パシフィックの株価情報(現状・S&P500との比較・高配当ETFとの比較・連続増配ETFとの比較)
  • ユニオン・パシフィックの銘柄分析(基本情報、事業内容、業績)
  • ユニオン・パシフィックの今後の見通し

私は2019年から米国連続増配株をメインに投資しています

  • 2019年金融資産約200万円程度→2023年 2000万円達成
  • 1億円貯めてセミリタイヤが目標
  • 30代、妻、息子(4歳/1歳)と4人暮らし
スポンサーリンク

結論:[連続増配17年]ユニオン・パシフィック:UNPの配当,株価,銘柄分析と今後の見通し

まず最初に本記事でわかる結論からご紹介します。

結論

配当金情報

  • 利回り:約1.5~3.0%程度の水準で推移
  • 増配率:年毎のばらつき大
  • 配当性向:30~50%前後の水準で推移

株価情報

  • 株価:コロナショック前の株価は超えているが、2022年頃からは横ばい傾向
  • トータルリターン:S&P500、高配当ETF、連続増配ETFを上回る

銘柄分析

  • 事業:アメリカ最大の鉄道会社
  • 業績:売上高、営業利益共に波はあるがやや増加傾向。また営業利益率は40%程度で高水準

今後の見通し

  • 鉄道貨物市場という参入障壁が高い市場で、米国内の市場成長に伴い今後も継続した成長に期待

ユニオン・パシフィックは米国ネブラスカ州に本社を置く、米国最大の鉄道会社です。

配当による株主還元にも積極的で、連続増配年数17年を継続しています。

また参入障壁が高い鉄道貨物市場でシェアNo.1を継続し、今後も市場の成長に伴い同社の成長が期待出来ると考えられます

ただし、鉄道貨物市場は景気に左右されやすい為、景気後退時の一時的な減速には注意が必要です。

ではこれ以降は、上記結論に対する詳細内容をご紹介します。

ユニオン・パシフィック:UNPの配当金情報

それでは早速、配当金に関する情報からご紹介します。

ここでは、

  • 配当利回りの推移
  • 配当額の推移
  • 年増配率の推移
  • 配当性向の推移

についてご紹介します。

UNPの配当利回りの推移

ユニオン・パシフィック(UNP)の2010年以降における年間配当利回りの推移です。

※年間配当利回り = 年間配当金 ÷ 年末株価 で計算しています

ユニオン・パシフィック(UNP)の年間配当利回りの推移
ポイント
  • 配当利回りは約1.5%~3.0%の水準で推移

UNPの配当額の推移

ユニオン・パシフィック(UNP)の2010年以降における配当額の数値及び推移です。

ユニオン・パシフィック(UNP)の配当金の推移
ポイント
  • 全体的には増加傾向だが、一定間隔毎に横ばいの期間あり

UNPの増配率の推移

ユニオン・パシフィック(UNP)の2011年以降における年間増配率の数値及び推移です。

ユニオン・パシフィック(UNP)の年増配率の推移
ポイント
  • 増配率は年毎のばらつきが大きい

UNPの配当性向の推移

ユニオン・パシフィック(UNP)の2010年以降における年間配当性向の数値及び推移です。

※配当性向 = 年度毎の(1株当たり配当金÷1株当たり希薄化EPS)×100 で計算

ユニオン・パシフィック(UNP)の年間配当性向の推移
ポイント
  • 配当性向は約30%~50%前後の水準で推移
UNPに<br>興味あり
UNPに
興味あり

ばらつきは大きいけど、増配率が高くていいね!

株価はどうかな?

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

では株価関係の情報についてご紹介します

ユニオン・パシフィック:UNPの株価情報

ここでは

  • 株価
  • S&P500とのトータルリターンの比較
  • 高配当ETFとのトータルリターンの比較
  • 連続増配ETFとのトータルリターンの比較

についてご紹介します。

UNPの株価

ユニオン・パシフィック(UNP)の週足リアルタイムチャートです。

※チャートを操作することで表示期間等の変更も可能です。

ポイント
  • コロナショック前の株価は超えているが、2022年頃からは横ばい傾向

UNPとS&P500とのトータルリターンの比較

ユニオン・パシフィック(UNP)と、S&P500に連動するETFであるSPYとを比較しました。

2001年から2024年1月末までの期間で、配当再投資込みでの比較です。

ユニオン・パシフィック(UNP)とSPY(S&P500)とのトータルリターン比較
ポイント
  • 長期におけるトータルリターンで市場平均のS&P500を大きく上回る

UNPと高配当ETFとのトータルリターンの比較

ユニオン・パシフィック(UNP)と、高配当ETFであるVYMSPYDとを比較しました。

SPYDが設定された’15年以降の比較です。

ユニオン・パシフィック(UNP)とVYMとSPYDとのトータルリターン比較
ポイント
  • 高配当ETFのVYM、SPYDに対しトータルリターンで大きく上回る

UNPと連続増配ETFとのトータルリターンの比較

ユニオン・パシフィック(UNP)と、連続増配ETFであるVIGとを比較しました。

VIGが設定された’06年以降からの比較です。

ユニオン・パシフィック(UNP)とVIGとのトータルリターン比較
ポイント
  • 連続増配ETFのVIGに対しトータルリターンで大きく上回る
UNPに興味あり
UNPに興味あり

S&P500、高配当ETF、連続増配ETFよりいいリターンなんだね!!

どんな会社なの?

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

では銘柄に関する情報についてご紹介します

ユニオン・パシフィック:UNPの銘柄分析

ここでは

  • 基本的な情報
  • 事業内容
  • 業績

についてご紹介します。

UNPの基本情報

ユニオン・パシフィック(UNP)の基本的な情報です。

ティッカー(正式名称)  UNP(ユニオン・パシフィック)
本社所在地米国ネブラスカ州オマハ
設立日1862年
従業員数約3.3万人
セクター資本財
配当時期(支払い月)年4回(3/6/9/12月)
株価246.59 ドル
配当利回り2.07 %
連続増配年数17年
採用指数S&P500
                           ※2024.2.20時点

ユニオン・パシフィックは資本財セクターの大型銘柄です。

連続増配年数は17年で長期にわたります。

UNPの主な事業内容

ユニオン・パシフィック(UNP)の主力商品は以下の通りです。

ユニオン・パシフィックの主力サービス
  • 鉄道貨物輸送

   石炭、化学品、農作物、完成車等の輸送

ユニオン・パシフィック(UNP)はアメリカ最大の鉄道会社です。

日本で鉄道というと人を運ぶビジネスをイメージしますが、ユニオン・パシフィックが運ぶのは石炭、化学品、農作物、完成車等のモノです

ユニオン・パシフィックの線路網は、アメリカの西部から中部の多くをカバーし、シカゴ西部やニューオーリンズにまで達します。

引用元:WIKIPEDIA

UNPの業績(売上高、営業利益、営業利益率)

ユニオン・パシフィック(UNP)の業績の推移は以下の通りです。

ユニオン・パシフィック(UNP)の業績の推移
ポイント
  • 売上高、営業利益共に波はあるが全体的にはやや増加傾向
  • 営業利益率は40%前後の高い水準

UNPのEPS(1株当たり利益)

ユニオン・パシフィック(UNP)のEPSの推移は以下の通りです。

※EPS = 希薄化EPS を使用

ユニオン・パシフィック(UNP)の調整後希薄化EPSの推移
ポイント
  • EPSはばらつきがあるが、全体的には右肩上がりの傾向で推移

UNPのキャッシュフロー(営業CF、フリーCF、営業CFマージン)

ユニオン・パシフィック(UNP)のキャッシュフローの推移は以下の通りです。

※営業CFマージン = 営業CF ÷ 売上高

ユニオン・パシフィック(UNP)のキャッシュフローの推移
ポイント
  • 営業キャッシュフロー、フリーキャッシュフロー共に横ばいで推移
  • 営業キャッシュフローマージンは35%を超える高水準
UNPに興味あり
UNPに興味あり

業績は悪くないね

今後はどうなるのかな?

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

では今後の見通しについて紹介します

ユニオン・パシフィック:UNPの今後の見通し

ユニオン・パシフィックは主に以下の理由から、今後も継続した成長が期待できると考えられます。

  • 米国の鉄道貨物市場は今後も拡大が予測される
  • 鉄道貨物市場は参入障壁が高く、その市場でユニオン・パシフィックはシェアNo.1

米国の鉄道貨物市場は米国の経済成長に伴い年々成長を続けていて、2023年から2030年までの間で年平均約5.6%の成長が予測されています。

また、鉄道はインフラビジネスの為、新規参入が難しい市場です。

ユニオン・パシフィックはその市場でシェア2位のBNSF鉄道(バークシャー・ハサウェイ傘下)を抑えてシェアNo.1を維持しています。  

こういった背景から、ユニオン・パシフィックは今後も着実な成長が期待できると考えられます

ただし、鉄道貨物市場は景気に左右されやすい為、景気後退時の一時的な減速には注意が必要です。

まとめ

本記事では

  • ユニオン・パシフィックの配当金情報(利回り、増配率、配当性向)
  • ユニオン・パシフィックの株価情報(現状・S&P500との比較・高配当ETFとの比較・連続増配ETFとの比較)
  • ユニオン・パシフィックの銘柄分析(基本情報、事業内容、業績)
  • ユニオン・パシフィックの今後の見通し

について解説しました。

結論

配当金情報

  • 利回り:約1.5~3.0%程度の水準で推移
  • 増配率:年毎のばらつき大
  • 配当性向:30~50%前後の水準で推移

株価情報

  • 株価:コロナショック前の株価は超えているが、2022年頃からは横ばい傾向
  • トータルリターン:S&P500、高配当ETF、連続増配ETFを上回る

銘柄分析

  • 事業:アメリカ最大の鉄道会社
  • 業績:売上高、営業利益共に波はあるがやや増加傾向。また営業利益率は40%程度で高水準

今後の見通し

  • 鉄道貨物市場という参入障壁が高い市場で、米国内の市場成長に伴い今後も継続した成長に期待

ユニオン・パシフィックは米国ネブラスカ州に本社を置く、米国最大の鉄道会社です。

配当による株主還元にも積極的で、連続増配年数17年を継続しています。

また参入障壁が高い鉄道貨物市場でシェアNo.1を継続し、今後も市場の成長に伴い同社の成長が期待出来ると考えられます

ただし、鉄道貨物市場は景気に左右されやすい為、景気後退時の一時的な減速には注意が必要です。

皆さんの投資目的に合った銘柄選定に、少しでも参考になれば嬉しいです。

米国連続増配株全力マン
米国連続増配株全力マン

最後までご覧頂きありがとうございました!

さらに深く、様々な米国株の銘柄分析、情報収集、銘柄の管理をするなら、米国株アプリの活用が効果的です。

また、配当王、配当貴族といった米国の連続増配銘柄を以下の記事でまとめていますので良ければ参考にしてみてください。

同じ資本財セクターの「スリーエム」、「キャタピラー」、「ロッキード・マーチン」なども紹介しています。

  

ツイッターを覗いてみる

コメント

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

タイトルとURLをコピーしました